百人一首「今はただ思ひ絶えなむとばかりを」左京大夫道雅

こんにちは。左大臣光永です。

静岡講演の帰り道、浜松城に寄ってきました。天守は復元されたものですが、石垣はぜんぶ戦国時代当時のものです。一切崩れることもなく残っているんですね。復元天守はどうにもレジャーランドっぽさが否めないですが、あの石垣には感動を覚えました。

わが熊本城も先日の震災で崩れたのは近年修復した部分ばかりで、加藤清正築城当時の石垣は崩れず残ったらしいので…昔の技術というのはすごいんだなあとつくづく思います。

さて本日「左大臣の古典・歴史の名場面 」第1019回目は、百人一首より63番左京大夫道雅です。静岡同志社クラブ主催の「市民古典歴史講座」の録音です。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/Lect063.mp3

今はただ思ひ絶えなむとばかりを
人づてならでいふよしもがな

左京大夫道雅

【歌の大意】
今となっては思い切ってあきらめましょう。その言葉を、せめて人づてでなく直接貴女にお伝えしたしたかったのですが。そのすべさえ、もう失われてしまいました。

【話の内容】
・当子内親王密通事件
・三条上皇の苦悩
・その後の当子内親王

当子内親王密通事件
当子内親王密通事件


スポンサーリンク

次回の静岡講演

声に出して読む『伊勢物語』

2018/1/20(土)15:30~
男女共同企画センター あざれあ 第一会議室

詳しくはこちらのurlまで
https://goo.gl/urjToq

発売中です。

百人一首 全首・全歌人徹底詳細解説
http://sirdaizine.com/CD/Ogura100info2.html

小倉百人一首のすべての歌・すべての歌人について、
歌の朗読・朗詠・解釈はもちろん。

歌人の経歴、歌人同士のつながり、歴史的背景など、
さまざまな角度から語っています。

単に歌を「憶える」というレベルを越えて、
深く、立体的な知識が身につきます。

特典の講演録音「平安京 名士・名所案内」は、
静岡同志社クラブ主催の「市民古典歴史講座」の録音です。

2018年1月10日お申し込みまでの特典となります。
お申込みはお早めにどうぞ。

詳しくはこちらのURLまで
http://sirdaizine.com/CD/Ogura100info2.html


スポンサーリンク