明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな 藤原道信朝臣

あけぬれば くるるものとは しりながら なおうらめしき あさぼらけかな(ふじわらのみちのぶあそん)

意味

一晩中貴女と過ごしたその夜が明けていく。夜はまたすぐに来るということは知っていても、それでもこの夜明け前の時間が恨めしいです。

語句

■明けぬれば 夜が明けてしまうと。完了の助動詞「ぬ」の已然形+接続助詞「ば」で、確定条件。 ■暮るるものとは 日が再び暮れて、また会えるものとは。 ■知りながら 「ながら」は逆説。また日が暮れて会えると理屈ではわかっているのだが、の意。 ■なほ そうはいってもやはり。副詞。 ■朝ぼらけ 夜明け前の明るい時間。恋人が別れる時間。

出典

後拾遺集(巻12・恋2・672)。671番の歌と詞書が「女のもとより雪ふり侍りける日かへりにつかはしける 藤原道信朝臣 帰るさの道やはかはるかはらねど解くるにまどふ今朝のあは雪」。671・672は続き物と見る。『後拾遺集』に即すると雪の情景だが歌単体で詠むと雪は情景から消え去る。

決まり字

あけ

解説

一晩過ごした女とも、朝が来てしばらくお別れになります。男は泣く泣く帰って行きます。また次の晩には会えるということは理屈ではわかっているが、それでも名残惜しいのです。もっともっと一緒にいたいのです。

しかも冬の歌ですから、夜は長く、昼は短いです。一緒にいられる時間は長いはずなのに、そんな時期でさえ、別れが惜しいのです。腰のあたりがトローンと甘ったるい、あの感じまで伝わってきそうです。「後朝の悲しみ」と言って、和歌では普遍的なテーマです。

作者 藤原道信朝臣

藤原道信朝臣(972-994)。平安時代中期の公家・歌人。太政大臣・藤原為光の三男。中古三十六歌仙の一人。太政大臣・藤原為光の三男。母は45番謙徳公伊尹の娘。51番藤原実方55番藤原公任らと交流がありました。

右兵衛佐・左近少将・左近中将などを歴任します。和歌に巧みで容貌もすぐれ、一条天皇時代の花形的存在でしたが従四位左中将で23歳で夭折しました。家集に『道信集』。『大鏡』に「いみじき和歌の上手にて、心にくき人」とあります。

正暦3年(992年)6月、父太政大臣藤原為光が亡くなり恒徳公とおくり名されます。道信は悲しみに暮れ父上、父上と、周囲の慰めも耳に入りませんでした。しかし喪に服す期間は一年間と定められていました。一年後、喪服をぐにあたって、

限りあれば今日ぬぎ捨てつ藤衣果てなきものは涙なりけり

(期限が決まっていることなので今日不本意にも藤衣を脱ぎ捨てるが、いつまでも果てのないものは涙だよ)

時の人々はこの話をきいて道信の親孝行なことに感心しました。

またある時小野宮殿と言われた藤原実資が、ある女御のもとに通っていることを聞いて、道信が詠みました。

嬉しさはいかばかりかは思ふらん憂きは身にしむ心地こそすれ

(嬉しいなんて少しでも思うだろうか。思わない。憂鬱な気持は身にしみて味わっているが)

どうやら道信もその女御に恋こがれていたようです。