玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする 式子内親王

たまのおよ たえなばたえね ながらえば しのぶることの よわりもぞする (しょくしないしんのう)

意味

我が命よ、絶えるなら絶えてしまうがよい。このまま生きながらえれば我慢ができなくなって、内に秘めた思いを表に出してしまうかもしれないから。

語句

■玉の緒よ 玉を貫く糸。「玉」が「魂」に通じることから魂、命。「よ」は呼びかけの間投詞。 ■絶えなば絶えね 絶えるならば絶えてしまいなさい。動詞「絶ゆ」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の未然形+接続助詞「ば」+動詞「絶ゆ」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の命令形。■ながらへば 生きながらえているならば。動詞「ながらふ」の未然形+順接の接続助詞「ば」。■しのぶること 我慢すること(心)。動詞「忍ぶ」の連体形+「こと」。 ■よわりもぞする 弱っては困る。いけない。「も」「ぞ」は係助詞。「もぞ」と重なることで「~すると困る」ということをあらわす。

出典

新古今集(巻11・恋1・1034)詞書に「百首の歌の中に忍恋(しのぶるこい)を 式子内親王」。

決まり字

たま

解説

「忍ぶ恋」という題で詠んだ歌です。このまま生きているとこの恋心を隠すことができなくなる。表に出してしまいそうだから、私の命よ。いっそ絶えてしまえ。激しさの中にも品位が漂う式子内親王の代表歌です。

「玉の緒よ絶えなば絶えね」と二句までで強く言い切り、一転して後半は「忍ぶることの弱りもぞする」と心細い感じになる前半と後半の対比。「忍ぶ恋」の身もだえするような切実さが伝わってきます。

作者 式子内親王

式子内親王(1149-1201)。平安時代後期の女流歌人。女房三十六歌仙の一人。後白河院の第三皇女。母は権大納言藤原季成の女成子。平家一門に対してクーデターを起こし戦死した以仁王の姉。

式子内親王
【式子内親王】

和歌を藤原俊成に師事し、新古今和歌集最大の女流歌人といわれます。家集に『式子内親王集』があります。

名前の読み方は漢音で「しょくしないしんのう」または呉音で「しきしないしんのう」ですが、当時何と発音されていたかは不明です。現在は「のりこ」説が有力です。

賀茂の斎院に選ばれる

平治元年(1159年)11歳の時、占いにより賀茂神社の斎院にえらばれます。以後10年間、嘉応元年(1169年)に病を得て斎院を下るまで聖女としての務めを果たされました。

賀茂の斎院とは?

賀茂の斎院は、上賀茂神社(賀茂分雷神社かもわけいかづちじんじゃ)・下賀茂神社(賀茂御祖神社かもみおやじんじゃ)に巫女として奉仕した皇族の未婚の女子(内親王・女王)です。斎王(さいおう、いつきのみこ)とも言われました。伊勢神宮に奉仕した「伊勢の斎宮」に習って、平安時代初期嵯峨天皇の頃始まりました。

斎院は占いによって選ばれ、鴨川で禊ぎをすませると、3年間内裏の一角で身を清めてから平安京北方の紫野にある斎院の御所に入りました。斎院の御所を紫野斎院とか紫野院とか野宮(ののみや)と言い多くの役人や女官が働いていました。現在の京都市上京区櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)が斎院の御所の跡だと見られています。

斎院の大きな役割は、毎年4月(旧暦)に行われるの賀茂祭(かもまつり)をとりしきることでした。

現在の葵祭です。毎年京都在住の一般女性から「斎王代(さいおうだい)」と呼ばれる巫女が選ばれます。これが「賀茂の斎院」の名残です。

平治の乱

式子内親王が斎院として選ばれて2か月後、日本史に記憶される大きな事件が起こります。平治の乱です。

後白河上皇の側近藤原信頼がクーデターを起こし後白河上皇とその息子二条天皇の身柄を拘束してしまいます。

式子内親王にとって後白河上皇は実の父。二条天皇は異母兄にあたります。式子内親王は、さぞやいたたまれないお気持ちだったろうと思います。

しかし平清盛によって二条天皇はすぐに救出され、後白河上皇は自力で脱出。クーデーターの首謀者藤原信頼は六条河原で首をはねられます。

これ以後、平清盛が出世を重ね、平家一門の全盛期が訪れます。

斎院を下る

式子内親王は賀茂の斎院として10年間務められた後、嘉応元年(1169年)病を得て斎院を降ります。

式子内親王の父後白河法皇は名実ともに院の最高権力者として君臨していましたが、日に日に権力をます平清盛との対立を深めていきました。

後白河法皇が平家の相続するはずだった領土を没収したり、清盛の意向を無視した朝廷の人事を行うにおよんで、とうとう清盛は暴挙に出ます。

1179年(治承3年)11月、突如清盛は福原から3000騎の軍馬をひきいて都へのぼり、後白河法皇の身柄を拘束し京都南方の鳥羽殿へ移します。治承三年の政変と呼ばれる出来事です。清盛は後白河法皇による院政を停止してしまいます。

その後も平家一門に対して反旗をひるがえした弟の以仁王が、宇治川で平家に討たれるなど、身内の不幸が重なりました。

出家と晩年

しかし権勢を欲しいままにした平家一門も1185年壇ノ浦の合戦で滅び、1192年には父後白河法皇が崩御します。…そのころまでに式子内親王は法然上人を受戒の師として出家し法名を承如法(しょうにょほう)と名乗りました。

晩年は乳がんに冒され、1201年53歳で生涯未婚のまま没しました。

式子内親王と藤原定家

式子内親王は和歌を藤原俊成に師事しました。俊成の『古来風体抄』は式子内親王に献じられたものです。俊成の子定家とも交流があり、古くから定家を式子内親王の秘めたる恋人と見る説がありました。

室町時代の能役者金春禅竹(こんぱるぜんちく)による謡曲「定家」は「式子内親王と定家が恋仲だった」という説に基づきます。

式子内親王の死後もその恋心を捨てられない定家が、実葛となって式子内親王の墓にからみついて、「テイカカヅラ」となったという話です。

本人たちが知ったら「勝手な話を作らないでください」と怒りそうな気もします。

式子内親王の生年

式子内親王の生年は長年未詳でしたが、最近になって資料が発見され久安5年(1149年)生まれと特定されました。生年が特定されたことによりにより以仁王の「妹」ではなく「姉」であったこともわかりました。百人一首の解説書に式子内親王の生年が「未詳」とあるもものは、古い解説書です。

賀茂祭の思い出

平家による父後白河法皇の幽閉、弟以仁王の死…身内の不幸が重なる中にも、10代の多感な時期に賀茂の斎院としてお仕えしたこと、また賀茂祭のことは式子内親王にとって一生にわたる思い出となったようです。

忘れめや葵を草に引き結び仮寝の野べの露のあけぼの

忘れることなんてできない。葵の葉を草に結んで野外で仮寝して、そこらに露がおりていた明け方の景色を。

賀茂祭の準備のために神社に泊まった翌朝の景色です。すみわたった朝の空気が伝わってくるような、清涼感ある歌だと思います。

ほととぎすそのかみ山の旅枕ほの語らひし空ぞ忘れぬ

その昔、賀茂の神山で旅寝をしていた時に、慣れない声でほととぎすが語りかけてくれた、あの空を忘れない

平家物語「宮御最期」
↑以仁王とそれに加担した源頼政の悲痛な最期です。